スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サキュバスと僧侶

サキュバスと僧侶

街に暮らすサキュバスには、かつてヒトであった頃の記憶が残っていた。冷めたサキュバスと不犯を誓った祓魔師の純愛……かもしれない話。栄養補給のため、不特定の男性を頂きますのであしからず。


ネット小説を色々読みふけると、いつしか好みのが見つからなくなるんですが、そんな人が自力でこれはという作品を宝探しをする事を「掘る」と名付けた人ってすごいよなあ、と思う今日この頃。ほんと、何処かに埋もれている名もない作者さんの作品が、感動と、忘れられない感慨を与えてくれるんですから、本当に宝探しですよね。掘る人だからスコッパーとも言うらしいんですけど、日々掘ってくれる皆様に感謝ですよ。
そんな私は、自分で掘ることは時間的に難しく、読みたいのを探すのは専らランキングとか、レビューとか、同じ様な紹介サイトさんをたまに巡礼してとかが多いです。

この作品は多分、珍しく自分で見つけたと、思います。多分というのは日々、数々読んでて、読了するととりあえず、なろうの機能でブックマークしておいて、さらにその中で最も面白かったのは、スマホのお気に入りに追加、みたいな感じです。
すごい面白いのはすぐお気に入りに入れてこのブログで紹介するのですが、瞬発的でお気に入りにならないのもあります。これもその一つ。他の作品を探してるとき、ふと思い出し、そいえばアレが面白かったな、とじわじわと効果がでてくるやつです。私が好きな作品で紹介してるのって、そういうのが多いかも。あの設定良かったなあ、とか、他にないものが好きです。

サキュバス=淫魔ですが、前世での記憶を持つ主人公はいたずらに精を奪わず、生きる為に最低限だけ。そして普段はふつうの人間として暮らしてる。そんな暮らしが僧侶と出会って…
題名のわりに純愛で、だけどサキュバスだから、そういう表現もあって、面白かったです。
完結済

竜守りの妻

竜守りの妻

貧しい村で生まれ育ったファミアは結婚した初夜の晩、夫となった男に逃げられた。実家に戻り生活を続けたが、貧しさゆえに身売りをするしかないと決意を固めた同時期に、竜守りの妻にならないかと話を持ちかけられる。娼婦になるよりはと再び嫁ぐ決意をし、向かったのは山をいくつも超えた遠く深い竜の住まう森。そこで夫となる男との生活が始まる。

残されたモノと黄金の魔法使いと同じ作者さんです。三作品一気にご紹介ってどうなんでしょう。。。
その他のもかなり面白い作品ばかり。もう作者さんのページから直に好きなの読んでーー
くらいの勢いですよ。
momoさんのマイページはこちら
momoさんのマイページR18

こちらは前作二つほどシリアスじゃないので安心してください⁉︎完結編済

黄金の魔法使い

黄金の魔法使い

たった一人で魔物の巣くう森に隠れ住む魔法使いの娘ラスルは、ある事がきっかけで人との接触を拒むようになっていた。そんなある日、魔物に襲われる二人の男を助けた事によって心に変化が訪れるが、やはり森を出る勇気はわかない。そんなラスルが過去の出来事によって再び辛い現実に引き込まれる事になって行き―――命を助けられた王子と騎士もそれに巻き込まれる形となって行く。

一つ前に紹介している残されたモノと同じ作者さんの作品です。残されたモノがあまりにも好みで面白すぎて。
結構気に入った作品あると同じ作者さんの小説掘りまくったりします。(まれに50作もあって掘りきれないときもありますがwww)こちらもドンピシャ!甲乙つけ難し。泣けます。久しぶりに泣きました、私は。
残されたモノよりは短いので、お試しならこちらかな。完結済

残されたモノ

残されたモノ

世界を恐怖で支配した闇の魔法使いを封印した四人の若者達。その際、一人の娘が犠牲となり闇の魔法使いと共に封印された。それから二十五年後、娘は結界の中から一人姿を現す。二十五年前の姿で、二十五年前の時間と記憶のままで。

紹介だけ見ると、骨太の異世界ファンタジーに思えるんですが、さにあらず。
運命に巻き込まれた少女とその仲間の壮大な愛の物語です、これ。ひさびさにキターーーって感じですよ。やっぱ紹介ぶんあてにならない笑
異世界とかファンタジーとかありがちのはすきじやないんだよね、とか思っててすみませんでした!
この作品はR18だけど、どぎつい表現はあまりないです。そして、このシリーズでなろうのほうにもう二作品あるので、続けて読むと、とっても良かったです‼︎
残されたモノ シリーズはこちら
R18じゃない残されたモノもありますが、私はやっぱりR18版のほうが好みでした。
エロではなく、物語として必然的な性的表現は大事ですよ、そこぼやかされると気の抜けた炭酸みたいで。
完結済


これはきっと、恋じゃない

これはきっと、恋じゃない

異世界からの聖女召喚が成功したと聞かされたとき、私は礼拝堂で祈りを捧げている最中だった。聖女候補として神殿に引き取られて早十数年。私の人生は全て聖女になる為のものだった。
それなのに。私もとうとうお払い箱か――――
※8月10日に、カドカワBOOKS様より書籍化されます。
※書籍化にあたり、7月末までに本編を下げさせていただきます。ご愛読有難うございました。
※番外編を公開中

ご紹介するのが遅くなって残念ながら書籍化で本編削除されてしまったのですが、とっても良い作品でした。
ただ、このタイトルがいまいち普通ぽくて、せっかくの魅力を引き出せていないような??と個人的にはおもいました。
書籍化ではサブタイトルがついたみたいですが。
聖女候補として、血の滲むような努力をし、密かに思い寄せていた騎士(だったかな)との婚約も決まっていたのに、異世界から召喚された「ほんものの聖女様」に、今までの苦労も生きる意味も、思いを寄せていた婚約者も、すべて奪われ、という展開に泣けてきます。


プロフィール

遥香咲哉

Author:遥香咲哉
息抜きで読み始めたネット小説にすっかりはまり寝不足の今日この頃です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
ネット小説大好き

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。