スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なつのよるに

なつのよるに

萩原琴瑚(はぎわらことこ)は結婚適齢期のまっただ中にいる。だが、とある事情で結婚をしたくはなかった。正しくは、結婚に至るまでの「お見合い」に疑問を抱いていた。だが、両親の勧めでそのお見合いをせねばならず、琴瑚は夏の夜、その相手を待つ。
現代日本によく似ているけど違った世界で、とある地方の特殊なお見合い制度に拒否感を抱きつつも、それをしなければならなくなった女性と、相手の男性が出会う、ほのぼの恋愛小説です。


この設定、なんでしょう!?ありそうでなかったような。とにかく良かった!
徳川家がそのまま続いているというパラレルワールドという謎設定なのですが、そのせいかスマホがあるけど、普段から和装で仕事してるとか、どこか情緒があるというか、懐かしい感じがします。
お見合いというのも、この世界では、私たちが普段思い描く「あとは若い人達で〜」が思うものではなく。
ネタバレになるので詳しく書きませんが、マジか、どひゃーって感じなのですが。その設定がまた良くて。
こんな風に出会って、惹かれてとか良いなあ、と思ってしまいました。読了後にほっこりします。
エロも必要悪程度の、というか良い感じなのも好みでした。完結済。
プロフィール

遥香咲哉

Author:遥香咲哉
息抜きで読み始めたネット小説にすっかりはまり寝不足の今日この頃です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
ネット小説大好き

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。