スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琥珀色の花嫁

琥珀色の花嫁

1000年の繁栄を誇るゴアドア王国。周囲に広がる暗黒の森が城を守り、他国の侵略を阻んできたという。魔物を手懐け、美女をさらっては妻にする不死の青年ラルフ――若く美しく、氷のように冷酷な彼こそが、国の守り人であり、森の番人だった。ある日、彼の前に一人の娘が現れる。貧相なその姿に眉をひそめるが、彼女が持つ石に魅了され、魔物に喰わせるのを思いとどまる。番人ラルフと、謎の娘。琥珀をめぐる二人の運命を染めるのは、暗黒の闇か、それとも……

森の番人であるラルフは森に迷い込んだ野心溢れる美女を妻にしては精気を吸い取り、1000年も生きている。そこに現れた貧相な少女、普段なら魔物に食わせてしまうのに、なせか惹かれて妻にします。でも少女には秘密があって、と最初からぐんぐん引き込まれる展開でとてもよみすすめやすいです。
じつは、作者さんは、こちらでも何作品かご紹介している藤谷郁さんですが、いままでのはほのぼのとした中にも情熱のあるようなお話で、しかもほとんど現代モノだったので、ファンタジーってじつは意外でした。個人サイトで昔に掲載した作品らしく、個人ネット小説の黎明期っぽい感じも感じますが、個人的にとても好きでした。
残されたモノのmomoさんの作風にも似た感じなので是非。R18ですが、あまり性表現は多くないです。完結済。
プロフィール

遥香咲哉

Author:遥香咲哉
息抜きで読み始めたネット小説にすっかりはまり寝不足の今日この頃です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
ネット小説大好き

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。