スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京フラッパーガール

東京フラッパーガール

昭和五年。 伯爵令嬢・二宮環は自由な生活を夢見て家を飛び出し、女だてらに探偵事務所 を開いているが、依頼といえば猫探しなどのつまらないものばかり。そんなある日、カフェーの店長である國枝から「店の売上金を盗んで失踪した 女給を探してほしい」と相談を受ける。 最初は気乗りしない環だったが、依頼内容を聞いているうちに手応えを感じ、 お目付役である書生の葛葉とともに捜査に乗り出す。やがて文代の行方をつかんだものの、彼女の手許にはすでに金はなかった。 文代はなぜ金を盗んだのか? 大金はどこへ消えたのか? その背景には、誰もが予想できなかった陰謀が隠されていた──。じゃじゃ馬お嬢さまと堅物書生が、帝都・東京を縦横無尽に駆けめぐる。


話が進むにつれ、葛葉の存在感が増していくので、環との関係も変化していくのを楽しめます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

遥香咲哉

Author:遥香咲哉
息抜きで読み始めたネット小説にすっかりはまり寝不足の今日この頃です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
ネット小説大好き

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。