スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由への賛歌

自由への賛歌

 騎士レーヴ家の末娘アリア。
 祖国の敗戦が濃厚になった時分、大聖堂で禊をしているところを押し入ってきた敵国の将に犯されてしまう。最後に一太刀浴びせて逃げ出すも頼れる血縁が一人もおらず、食い扶持を稼ぐためにアリアは女であることを隠し、敵国の騎士団に身を置いた。
 騎士団での生活も板についた頃、長期不在だった騎士団長が戻る。帰任挨拶で初めて目にするはずの騎士団長は、大聖堂でアリアを犯したあの男だった。
男装のもとに自由を守り通そうとするアリアと、それを追い詰めていく騎士団長の攻防を描いた物語。


とっても久しぶりの更新です。
男装ものです!好物です!そしてヒーローが嫌いな男や憎んでいる男だった、という展開も好き、
というわけで読んでみたら‥‥ごめんなさい、そんなテンプレな展開よりずっと上質なお話でした。
しょっぱなからの、「くされ外道が、もげてしまえ!」的な展開からの、という感じで、とても面白かったです。後日談もとても丁寧に描かれていて、情景が浮かぶような描写は、この作者さんの特徴なんでしょうね、ムーンとは思えないくらい。あ、もちろんR18パートもきちんと描かれてますが。おすすめです。完結済。
スポンサーサイト
プロフィール

遥香咲哉

Author:遥香咲哉
息抜きで読み始めたネット小説にすっかりはまり寝不足の今日この頃です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
ネット小説大好き

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。