歪みきった恋の歌

歪みきった恋の歌


「――人格とは、表向きを整えるための『仮面』なのである」
如月みちるは、誰もに好かれる我がクラスの委員長。
 しかし、驚くほど周囲への嫌悪感に溢れた彼女の中身を垣間見てしまった俺は――自分で思っても見なかったほど、下衆で卑怯な行動に出る。
 歪んだ気持ちと気持ちは、いかような不協和音を奏でるのか?
「――下衆が」

久しぶりに面白いの掘り当てたー。評価少ないんは作者さんの知名度かなぁ
なろうの総合評価って一応の参考にはなるものの、評価高くてもハズレも多くて。。。
すでに一作くらい出版してるようなセミプロさんはどうしても評価高めですもんね。
でも こういう未発掘に出会うのもネット小説の醍醐味かもしれない!
完結済

プロフィール

遥香咲哉

Author:遥香咲哉
息抜きで読み始めたネット小説にすっかりはまり寝不足の今日この頃です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
ネット小説大好き

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示